REPORT

研修など実施内容をご紹介します
HOME > レポート >

【振り返り】入社1~2年目社員_レゴ®&えんじぇるゲーム®研修(受講者の声)2022.夏実施

担当講師
  • 安田 真浪

2022年夏実施のレゴ®シリアスプレイ®&えんじぇるゲーム®(ビジネスプラン作成)」研修時の振り返りです。
受講者の声を掲載しております。
★業界:建設業隣接業、メーカー

★対象者:1~2年目社員

 

 


研修内容

【プログラム】

レゴ®シリアスプレイ® ※3時間
1.ウォーミングアップ
2.今の会社の姿
3.10年後の未来の姿

 

えんじぇるゲーム® ※4時間
レゴ®シリアスプレイ®ワークで考えた「10年後」がどんな時代になっているのかを想定して、会社が行うべきビジネスプランの作成
1.チーム結成・役割決め
2.プラン出し(ブレーンストーミング)
3.企画作り(KJ法)
4.チーム討議
5.発表準備
6.発表
7.評価
8.練り直し
9.再発表
10.投資(えんじぇるになる)

 

《参考》関連研修メニュー

レゴ®シリアスプレイ®「チームビルディングで戦える会社づくり」 ☜

アントレプレナーシップ教育「えんじぇるゲーム®」 ☜

 

【講義のポイント】

レゴ®シリアスプレイ®

・レゴ®シリアスプレイ®は身構えず、本音で意見交換が出来ます。そして、知らなかった互いの一面を理解しあうことで、互いを理解し合い、チームビルディングを形成します。
≪テーマ例≫今の会社/会社の特徴(強み・弱み)/10年後の会社/会社の問題点/会社の課題

 

えんじぇるゲーム®

・ビジネスプラン作成は、バーチャルでのプランではなく、実際に会社が推し進めようとしているテーマを題材とします。「新規事業」「業務改善」「社内課題解決」など、イノベーションに向けて具体的な企画立案に取組む中で、そのチームでの自分の役割理解やチームで目的達成するために何をすればいいのか、チームメンバーと取り組む中で能力開発をし、意思疎通を図り、協働意識が芽生えチームビルディングを創り上げることができます。改善に向けてのPDCAトレーニングとしても非常に有効的なプログラムです。

 

 


受講者の声

1.研修を受講して気づいたこと、わかったこと

・10年後に目指したいイメージを具体的に持つことができた。
・各部署目線での意見や普段から感じていることを言い合うことで、お互いの仕事を把握し、組織全体の理解につながるところが、この研修の良い点だと感じた。
・考えをまとめること、意見を統一させることの大変さが分かった。
・えんじぇるゲームは初めてやったが、やっていく度に発見があると分かった。
・レゴ®研修で、なんとなく言ってみたことが実は日ごろから心の底で感じていたことだと実感した。

 

2.明日からできること

横のつながりの大切さを学び、「各部署でみんな頑張っている」ことを忘れずに、明日からの仕事も頑張ろうと思った。
・普段から、自分が伝えたいことを論理的にまとめる練習をしたい。
・えんじぇるゲームで、自分のチームや他のチームを聞き比べることで新たな視点が見つかり興味深かったので、これからも積極的に他の考えを取り入れていきたい。
人の気持ちを考えて発言する。
・伝えるという観点で、上司に「
報告、連絡、相談」をきちんと行い、仕事能力の向上に努める。

 

レゴ®シリアスプレイ®「チームビルディングで戦える会社づくり」 ☜アントレプレナーシップ教育「えんじぇるゲーム®」についてのお問い合わせはお問合せフォームよりお願いいたします。

担当講師

安田 真浪

株式会社トライアングル・トラスト代表取締役・課題解決コンサルタント・武道家・
中小企業庁ミラサポ専門家派遣登録専門家・愛知労働局講師

社員研修とコンサルは、会社が変わる、社員が変わるための手段です。おまかせください。

こちらの研修を見た人は、このような研修も見ています

よく読まれている記事

よく使われるタグ

講師をご紹介いたします。

研修プログラム

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.