TRIANGLE TRUST

2017-03-29

「次世代リーダー研修」第4期の実施報告

実施後アンケート結果 研修

定番研修「次世代リーダー研修」第4期の実施報告

社員研修責任者の桑田りえです。

「次世代リーダー研修」第4期は、こんな感じでした。

「次世代リーダー研修」とは?

「次世代リーダー研修」についてはこちらの記事からご覧ください。

「次世代リーダー研修」第4期の様子

第4期生の参加者は、ガス管工事会社

ガス管工事会社3社から4~6名ずつ参加しました。

参加者のほとんど課長クラスでしたが、

「ぜひ参加させてほしい」と希望した若い事務職の女子もいて、

様々な階層の意見が飛び交いました。

 

第4期の特徴は、「ガス自由化」をテーマにした宿題

この期の特徴は、講義内容というよりも、「宿題」でした。

会社サイドより「ガス自由化」に向けて、若手の中核社員の意識をしっかりさせてほしいとの要望があり、

「ガス自由化」をテーマに宿題を設定し学びました。

  • 「ガスの自由化とは?について自分なりに調べ、発表する」
  • 「いままで世界中で行われた『自由化』の状況を調べてまとめ、発表する」

といったテーマです。

 

自由化の前例については参加者それぞれが、

「塩」、「最近の通信」、「イギリスの電力」など

様々な事例を調べ、発表しました。

そして、そこから意見を交わし合い考察を進めました。

  • 「通信は携帯機器をタダで与え通信料で稼ぐという方式で普及した。ガスもコンロやヒーターを無料貸与し、ガス代で稼ぐということもあり得るのではないか?そのとき自分たちにどんな影響が?自分たちの取るべき方策は?」
  • 「イギリスの電力自由化では電力会社が乱立。プランが2000種類にもなってしまい、結局何を選んだらいいかわからない、という消費者置き去り状態になった。その結果、「結局、知り合いから買う」という状況に陥った。ガスもこうならないとは言えない。お客様との信頼性を深めるよう、日ごろからきちんと接客していくべきだ」

といった前向きな議論が展開されました。

 

「次世代リーダー研修」 研修後の成果

スピーチ力の向上

研修では、毎回参加者全員に自己紹介のスピーチを課し、違うテーマで自分のことを開示しました。

最初は人前で発表のために話すことに戸惑いを感じ、

下を向き棒読みだった人が、2回目、3回目と回を重ねるたびに上手になり、

全5回終了後、会社で行った「研修報告会」で、プレゼンテーションの質が非常に高いと評価されました。

 

自ら新入社員研修を

新入社員研修を自らやりたい、と申し出た参加者も現れました。

「研修での学びを人に話したり、教えてみて。他人に教えることが一番の勉強になるから」

と常々伝えていたことを実行した実例です。

 

会社を超えた関係づくりに貢献

同業3社の参加は、他社のやり方、考え方を知ることが非常に良い刺激となりました。

研修後に懇親会が数回開かれ、会社を超えた親睦を図ることが出来ました。

 

研修の成果を活かして活躍

研修終了後も研修で学んだことを記したメモを手元に置き、参考にしているという参加者もおりました。

彼は、ある別の研修に参加し、プレゼン大会で一位をいただいたそうです。

「リーダー研修の教えのおかげです!」

と嬉しそうに話してくれました。

 

「次世代リーダー研修」は、研修後の1年、2年もフォロー致します

次世代リーダー研修後は、

1年後フォローアップ、2年後フォローアップ研修で実践内容の確認をして、定着に繋げていきます。

 

この期の受講生は、すでに1年目を終了し、2年目に突入しています。

関連記事はこちら

運営WEBサイト

採る・育てるパック
あいち企業図鑑
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ