REPORT

研修など実施内容をご紹介します
HOME > レポート >

【アンケート結果・振り返り】新入社員_電話応対・コミュニケーション【実践編】研修(受講者の声)2022.夏実施

担当講師
  • 成瀬 ゆうみ
  • 松尾 朋虎(交子)

2022年夏実施の『好感を持たせる「電話応対マナー」・コミュニケーション力向上研修(実践編)』時のアンケート結果と振り返りです。
受講者の声を掲載します。
★業界:建設業隣接業、メーカー
★対象者:新入社員

 

 


アンケート結果

 

研修内容が理解できた

20220614_内容理解(新入10_電話・コミュニ実践_菊水化学工業)

 

今後、仕事で役立つ内容だと感じた

20220614_役立つ(新入10_電話・コミュニ実践_菊水化学工業)

 

今後も研修を受講したいと思った

20220614_今後も受講したい(新入10_電話・コミュニ実践_菊水化学工業)

 

 


研修内容

【プログラム】

 

好感を持たせる「電話応対マナー」 ※3時間
1.話し方とそのポイント
2.好感度について
3.正しい言葉使い
4.聴覚表現
5.電話のマナー、ルール
6.まとめ、質疑応答

 

コミュニケーション力向上研修【実践編】 ※3.5時間
1. ロケ―ショナル
2. コミュニケーション向上 トレーニング
3. 感情のトーンスケールを使ってのコミュニケーション
4. 能力とは?

 

 

《参考》研修メニュー

好感を持たせる「電話応対」マナーはこちらから ☜

コミュニケーション力向上研修【実践編】はこちらから ☜

 

【講義のポイント】

好感を持たせる「電話応対マナー」

・声の表情が乏しいことへの気づきをして、改善していきます発声練習 / メラビアンの実験 / 言語表現(敬語) / 聴覚について / 美声トレーニングを繰り返し行う(体感する)ことで、習得度を上げていただきます。ラジオパーソナリティ(しゃべりのプロ)講師から、実際に行っているトレーニング方法を学ぶことが出来ます。

 

コミュニケーション力向上研修【実践編】

・人は、コミュニケーションが出来れば出来るほど活き活きし、出来ないと気持ちが落ちていきます。楽にコミュニケーションする基礎から、話す、聞く、動揺しない、話しかける、相手に話させる、話の本題に戻す、気分を害した相手の動揺を処理する、終わらせるなど、コミュニケーションで必要な様々な技術の実践をします。

 

 


受講者の声

1.研修を受講して気づいたこと、わかったこと

・電話応対マナーについて、自分の話し方で会社の第一印象が決まる。
・見た目やしぐさなどの視覚情報の影響も高いけれど、声質・大きさ・口調などの聴覚情報の影響も大きいと感じた。
・口の形が笑顔であると、声色も明るくなると分かった。
・コミュニケーションの感情のトーンスケールは、いざ実践してみると難しい判断するのも迷った。
・相手の様子をよく観察することが、良いコミュニケーションにつながる。

 

2.明日からできること

・平常心の時には、微笑習慣にする。
・会話するときは、言葉だけではなく、ジェスチャーも交えて行っていきたい。
・上司と話すときは、ちゃんと相手の目を見てハキハキと聞きやすいように話す。
・コミュニケーションを円滑に行うために、ポイントを意識しながら会話していきたい。
・新人で教えられる身であっても、自分発信でいく。

 

 

好感を持たせる「電話応対」マナーはこちらから ☜コミュニケーション力向上(実践編)ついてのお問い合わせはお問合せフォームよりお願いいたします。

担当講師

成瀬 ゆうみ

好感を持たせる接客マナー

発声練習から電話応対まで、実践トレーニングでビジネスコミュニケーションでの苦手意識を克服しましょう。

担当講師

松尾 朋虎(交子)

演劇人 ・舞台演出家・脚本家・プロデューサー

コミュニケーションエラーに悩む若者たち、解決のポイントを学び克服しましょう!

こちらの研修を見た人は、このような研修も見ています

よく読まれている記事

よく使われるタグ

講師をご紹介いたします。

研修プログラム

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.