REPORT

研修など実施内容をご紹介します
HOME > レポート >

【振り返り】管理職社員_会社理解共有&課題解決ワーク研修(受講者の声)2022.春~夏実施

担当講師
  • 安田 真浪

2022年春~夏実施の「会社理解共有&課題解決ワーク研修」時の振り返りです。
受講者の声を掲載します。
★対象者:管理職社員

 

 

 

 


研修内容

【プログラム】

 

【研修1】会社理解共有ワークショップ  ☜ ※研修メニュー:レゴ®シリアスプレイ®「自社の問題点を明確にすると同内容です。

 

※レゴ®シリアスプレイ®技法と専用教材を用いたワークショップ
1. オリエンテーション

2. レゴ®シリアスプレイ®導入
3. ワークの説明
4. ワークの練習
   テーマ「今の会社」
   テーマ「未来(10年後)の会社」
   テーマ「会社の課題は?」

 

【研修2】課題解決ワークショップ   ☜ ※研修メニュー:アントレプレナーシップ教育「えんじぇるゲーム®」と同内容です。

 

※えんじぇるゲーム®
1. 素案作り(ブレーンストーミング、KJ法)

2. 企画案作成
3. 発表
4. 評価
5. 練り直し
6. 再発表
7. まとめ

 

 

《参考》研修メニュー

レゴ®シリアスプレイ®「自社の問題点を明確にする」はこちらから ☜

アントレプレナーシップ教育「えんじぇるゲーム®」はこちらから ☜

 

【講義のポイント】

【会社理解共有ワークショップ】

・業務を行っている中での問題点の把握は、ときに偏っている場合があります。研修を通してしっかりと腰を据えて自社に向き合います。今まで見えなかった、気づいていなかった問題点が浮き彫りになります。参加者で共有することで、次のステップ(課題解決)への入り口が開きます。

 

課題解決ワークショップ

・ビジネスプラン作成は、バーチャルでのプランではなく、実際に会社が推し進めようとしているテーマを題材とします。「新規事業」「業務改善」「社内課題解決」など、イノベーションに向けて具体的な企画立案に取組む中で、そのチームでの自分の役割理解やチームで目的達成するために何をすればいいのか、チームメンバーと取り組む中で能力開発をし、意思疎通を図り、協働意識が芽生えチームビルディングを創り上げることができます。

 

 


受講者の声

1.研修を受講して気づいたこと、わかったこと

・10年後の会社像がみんな同じ方向を向いていていいと思った。
・若手教育の大切さがわかった。
・人それぞれの考えや思うところがあるのだとわかった。自分だけの考えではなく、周りの意見も取り入れたいと思った。
・レゴブロックの講習は楽しく、自社に対する表現が上手くできたと思う。みんなのピースをつけ合わせた時に全員の気持ちが一致した感じがして、だいたい考えていることはみんな一緒なんだと思った。
・教えるためには、自分も学ばないといけないと痛感した。

 

2.明日からできること

・新入社員を大事にする。
事後確認を習慣にする。
・人の話をよく聞く
をイメージする。
新人の気持ちになって仕事をする。

 

 

レゴ®シリアスプレイ®「自社の問題点を明確にする」アントレプレナーシップ教育「えんじぇるゲーム®」ついてのお問い合わせはお問合せフォームよりお願いいたします。

担当講師

安田 真浪

株式会社トライアングル・トラスト代表取締役・課題解決コンサルタント・武道家

社員研修とコンサルは、会社が変わる、社員が変わるための手段です。おまかせください。

こちらの研修を見た人は、このような研修も見ています

よく読まれている記事

よく使われるタグ

講師をご紹介いたします。

研修プログラム

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.