TRAINING MENU

社員研修の詳細をご紹介します
HOME > 研修メニュー一覧 >

2~5年目社員SDGsイノベーション創出オンラインサステナビリティシニア社員リーダー社員営業社員新入社員短時間で効果的な研修社内活性化管理職

㉙SDGs入門研修

担当講師
  • 清水 一守

SDGsって何? ~SDGsを『ジブンゴト』として捉え仕事に活かす~

 

 

研修内容

2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標(SDGs)は、発展途上国だけでなく先進国でも取り組むユニバーサル(普遍的)なものとして日本も積極的に取り組んでいます
実際には、SDGsの取組みについてすでに着手されている企業様もこれから具体的に進めていこうとお考えの企業様もみえると思います。

 

 

研修説明

世界共通言語としてSDGsが急速に広まっています。いち早くその内容を理解し、社業に取り入れ持続可能な経営を目指すための研修です。

 

 

目的

・SDGs17の目標の理解
・SDGsの実践

 

 

目標

・SDGsを身近にとらえジブンゴトとして考え行動することができる
・近未来におけるマーケティングの変化について理解する
・社業におけるSDGsの取組みと未来の可能性を考える

 

 

「SDGs持続可能な開発目標」に関する弊社のご支援内容

弊社のSDGsに関するご支援内容は こちら ☜ からご確認ください(ニュース)

 

 

研修概要

対 象   新入社員、2~5年目社員、リーダー社員、管理職社員(課長・係長)、営業社員、シニア社員
受講方法  オンライン
時 間   
2時間

定 員   50名(1社単独での開催です)
教 材   レジュメ(パワーポイント)

 

 

講師

講師紹介ページはこちら ☜

 

清水 一守
一般社団法人SDGs大学 代表理事・英国CMIサスティナビリティ(CSR)プラクティショナー資格

 

 

研修プログラム(カリキュラム)

【カリキュラム】

1.持続可能な開発のための2030アジェンダ 前文
SDGs17の目標と169のターゲット

2.日本の歴史からSDGsを考察する
一万円札に学ぶ 聖徳太子・福沢諭吉・渋沢栄一、高度成長の功罪

3.身近な社会課題
道徳とルール、SDGs5つのP、SR・企業の取組み

4.これからのあるべき姿
技術・社会・生活のイノベーション

5.まとめ
SDGs行動宣言の発表
                             

担当講師

清水一守

一般社団法人SDGs大学 代表理事・英国CMIサスティナビリティ(CSR)プラクティショナー資格

CSRの重要性を企業のみなさまにもご理解いただきたい。SDGs普及と達成のためにがんばりましょう。

受講方法

テーマ別

対象者別

ニーズ別

組織開発別

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.