REPORT

研修など実施内容をご紹介します
HOME > レポート >

【振り返り】内定者研修(受講者の声)2022.秋実施

担当講師
  • 安田 真浪
  • 木村 彰吾

2022年秋実施の内定者」研修時の振り返りです。
受講者の声を掲載しております。
★業界:製造業

 

 


研修内容

【プログラム】

1.はじめに
2.研修の目的
3.社会人と学生の違い
4.社会人基礎力
5.レゴ®シリアスプレイ®技法と専用教材を用いたワークショップ
6.振り返り

 

 

《参考》関連研修メニュー

レゴ®シリアスプレイ®「内定者のチームビルディング」 ☜

 

 

【講義のポイント】

キャリア意識形成
入社、昇進、異動など変化や新規事業へのチャレンジなど、「変わる」タイミングで自分自身を見つめ直し、原点回帰します。
そのうえで、あらためて自己理解を深め、新たな気持ちでスタートを切ります。

 

レゴ®シリアスプレイ®
レゴ®ブロックというモノを使うことで、リラックスして取り組むことが出来ます。話すことが苦手な人でも思ったことを言葉にして話す満足感を得ることが出来ます。考えを掘り下げていくので、個性価値観が見えてきます。

 


受講者の声

1.研修を受講して気づいたこと、わかったこと

・人によって考えやつくるものが違っていたのがすごくおもしろいなと感じた。一緒に仕事をする上で違う考えを持つ人がいないと新しいアイデアも出ないと思うので、人の意見や考えを聞くのは楽しいと感じた。
・人との能力には様々な能力があることが分かった。社会人基礎力で一番多い要素があるのがチームワークで、社会で働く上でいかにチームワークが大切であるかが分かった。
・レゴワークを通じて、自分の「普通」をそのまま他の人にあてはめるのではなく、関わっていく人たちのことをよく知ることが大切だと再確認できた。
・レゴワークで、失敗はないと言われたので、わからなくても挑戦することが大事だということが分かった。
・全員でやると全員が違う意見になるので、たくさんいることで様々なアイデアも出るし、いい結果を残せるようになると分かった。

 

 

2.明日からできること

・想像力を上げたり様々な場面で人と話し、いろいろな意見を聞いていきたい。
・社会人基礎力を上げるためにも、人とたくさん話したりしてみようと感じた。
・人の話をよく聞くこと。
・すぐに否定しない。
・少しずつでもいいので、今ある課題を前進させていきたいし、そのためには挑戦していく必要があるので挑戦し続ける

 

 

 

レゴ®シリアスプレイ®「内定者のチームビルディング」 ☜ についてのお問い合わせはお問合せフォームよりお願いいたします。

担当講師

木村彰吾

レゴ®シリアスプレイ®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテーター 
米国NLP™協会認定NLPマスタープラクティショナー、NLPコーチ™

誰もが仕事で輝ける社会づくり」をモットーに、責任感を持ってキャリア支援を行っています。

担当講師

安田 真浪

株式会社トライアングル・トラスト代表取締役・課題解決コンサルタント・武道家

社員研修とコンサルは、会社が変わる、社員が変わるための手段です。おまかせください。

こちらの研修を見た人は、このような研修も見ています

よく読まれている記事

よく使われるタグ

講師をご紹介いたします。

研修プログラム

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.