YASUDA ISM

安田の考えをご紹介します
ホーム > 安田イズム詳細 > 【0064】ペットが多様性対応

2022.04.12 イノベーションダイバーシティ(多様性)人材育成体感型教育研修管理職経営者起業家教育

【0064】ペットが多様性対応

みなさん、こんにちは。トライアングル・トラスト安田でございます。

 

先日、気づいた内容をご紹介します。

我が家には社会人の娘が2人いますが、もう1人、平日が自宅で1人過ごす主人を

ずっと熱くみつめてくれる3女がいます。

現在6歳のジャックラッセルテリアです。

 

はじめてのお散歩で、驚きました。

マーキングしません。

暫く、ただ歩くだけ、匂いをかぐこともありません。

その内、やっと本能が芽生えたのか、やっとマーキングをするようになりました。

 

そして、最近、あることが判明しました。

相手によって、散歩の反応が違うのです。

 

私の場合は家の扉を開けるや否や、猛ダッシュです。

家から100~200メートルが、超ダッシュ!

家の扉が開く前から興奮状態。

散歩の約半分の距離がひたすら走る。

だから、散歩時間がとっても短い。一気に散歩という感じです。

 

次女はと言うと、長距離です。私の倍は距離で稼ぐので

私の時の様に興奮はしません。

家の扉を開ける時も落ち着いています。

ゆっくり出発です。

 

そして、主人の時は家の扉が開くと、通常は右手へ、通りをめざしますが

主人の時は違います。

丙のある、左手へ行こうとするのです。

これは何かというと、主人はどちらかと言うと、さらに遠出派。

車で少し離れた公園に散れていきます。

 

この3名が、それぞれ散歩の仕方が違っており、

三女はそれを理解して、それぞれ毎に合った対応をしているのです。

 

次女が、私と次女の2名がいるときは、どちらのパターンになるのかを

確認したいということで、試してみました。

結果的に、リードを私が持っていたので、

私のAコースでした。

 

ちなみに次女のBコース、主人のCコースは、気にも留めない、気づかない

雰囲気でした

 

ワンちゃんも、多様性対応が完璧に出来ています。

すごいです。

 

われわれも見習わなければならないですね!

 

 

 

トータルプロデューサー

安田真浪

 

トライアングル・トラストHP

https://triangle-trust.jp/

レゴ®シリアスプレイ® HP

https://lsp.triangle-trust.jp/

なごや栄二丁目新聞社 HP

https://www.nagoben.jp/

Facebook 安田真浪

https://www.facebook.com/manami.yasuda.503?fref=ts

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.