YASUDA ISM

安田の考えをご紹介します
ホーム > 安田イズム詳細 > 【0022】おみくじ

2021.09.13 社会

【0022】おみくじ

みなさん、こんにちは。トライアングル・トラスト安田でございます。

 

わたくしは、毎月1回熱田神宮で月参りをしています。

その時々、季節によって参拝客が違います。

昨日は、お宮参りの方、七五三と思われるご一家がみえました。

 

先月は、刀剣奉納の行事が行われていました。

先々月は結婚式も行われていました。

 

さまざまな、お家の行事や神事が行われています。

その様子を見ながら、お参りが終わると、必ず、“おみくじ”を引きます。

 

先月から次女が一緒にお参りをしています。

昨日はわたくし一人おみくじを引きました。

 

引いた番号を伝えて、おみくじをいただく。

そこに記されているものに目を通して、おみくじをたたんで紐に結わえる。

いつも、この流れです。

 

昨日は、おみくじの筒から番号を記した棒が出てこない。

何度も繰り返し、やっと棒が出て、驚いた。

なんと、おみくじ番号は「1番」でした。

 

おみくじを頂くときに、1番のおみくじは「大吉だろうか」「それとも凶?」

などと思いながら・・・少しわくわくしました。

そして、おみくじは「吉」でした。

 

このおみくじの制作は、当然「1番」から始まるだろう。

その場合、どのような考えで作るのだろうか・・・

「1番」はおみくじの基準になるだろうから、まずは、「真ん中」から始まるのか・・・

基準は「上」でもなく、「下」でもなく、「真ん中」つまり「ふつう」。

「吉」をわたくしは「普通」と捉えました。

では、「2番」はどうであろう。

「上」に行くのか、「下」なのか・・・

見ることが出来ないので、想像が膨らみます。

おみくじ「吉」の流れは、

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉

「1番のおみくじ」から、いろいろ空想し、楽しい1日でした。

 

そして、栄えある1番のおみくじ「吉」からの学びは、「実直であるべし」でした。

 

トータルプロデューサー

安田真浪

 

トライアングル・トラストHP

https://triangle-trust.jp/

レゴ®シリアスプレイ® HP

https://lsp.triangle-trust.jp/

なごや栄二丁目新聞社 HP

https://www.nagoben.jp/

Facebook 安田真浪

https://www.facebook.com/manami.yasuda.503?fref=ts

Facebook Yasuda Manami Brave Message

https://www.facebook.com/yasuda.brave

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.