YASUDA ISM

安田の考えをご紹介します
ホーム > 安田イズム詳細 > 【0002】基本は、3の法則(トライアングル)

2021.05.14 社会

【0002】基本は、3の法則(トライアングル)

みなさん、こんにちは。トライアングル・トラスト安田でございます。

ものごとには、原理原則があります。

いろいろな経験を積んでいくと、原理原則が自然とわかってきます。

今回ご紹介したいのが、「3の法則」です。

 

「ものごと」を行うにあたって大切なのが、「バランス」です。

「バランス」は均衡が保たれていないといけません。

どちらかに偏っていると崩れてしまいます。

 

そのバランスを見るのが「正三角形」で、3の法則です。

 

わたくしは長年武道をしてきました。

「空手道」、そして「茶道」と「華道」も嗜みました。

その関係か、「3の法則」をとても意識していました。

空手道は「心技体」。

華道は池坊を習っていましたが、こちらは「真(しん)副(そえ)体(たい)」。

万物の基礎を考えられてきた三才(天・地・人)になぞらえた真・副・体の3つの役枝で構成されている、という教えでした。

 

このように、「3の法則」は、

バランスを保つことの大切さを、わたくしたちに教えてくださいます。

自分よがりになってかいけない、

相手の立場になって考える、

みんなにとっての幸せなことは何か、納得はできるのか?

「3の法則」の3者は、テーマ・目的によって変わります。

しかし、バランスをとるためには、やはり3者で考えるのが正しいと思います。

 

経営者にとって必要なのは、「右腕」と「左腕」の存在。

「右腕」とは、一番信頼する有力な部下。

では、「左腕」とは?

わたくしの考えは、

「右腕」は「YES」マンで、こちらのモチベーションをアップさせてアクセル全開にさせてくれる人材。

「左腕」は「NO」マン。「NO」をはっきり言って、ブレーキを掛けさせてくれる人材。

経営者に限らず、「いいねえ、とほめてくれる人材」と「それでいいんですか?と考えさせる人材」の両者が必要です。

自分を中心に考えて、三角形、3の法則です。

このバランスが良いとベクトルは突き進む。どちらかが力関係で強いと、偏ってしまう。

 

みなさまはいかがですか?

「NO」と言ってくれる人材が身近にいますか?

とても大切な人材ですから、大切にしないといけません。

 

トータルプロデューサー

安田真浪

 

トライアングル・トラストHP

 https://triangle-trust.jp/

レゴ®シリアスプレイ® HP

▶ https://lsp.triangle-trust.jp/

なごや栄二丁目新聞社 HP

▶ https://www.nagoben.jp/

Facebook 安田真浪

 https://www.facebook.com/manami.yasuda.503?fref=ts

Facebook Yasuda Manami Brave Message

 https://www.facebook.com/yasuda.brave

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.