YASUDA ISM

安田の考えをご紹介します
ホーム > 安田イズム詳細 > 【0028】寄り添うとは・・・

2021.11.23 人材育成管理職組織経営者

【0028】寄り添うとは・・・

みなさん、こんにちは。トライアングル・トラスト安田でございます。

 

最近の「人材育成」のキーワードは、『寄り添い』と『育てていく』の2Wordです。

この2点についてお話ししたいと思います。

 

『寄り添い』

寄り添う」の意味は、「もたれかかる、そばに寄る」。

物理的意味は上記の通りですが、

日常的には、心情的に歩み寄ったり、共感したりする際に使われることも非常に多くあります。

昨今、年齢に関係なく「寄り添い」が非常に求められていると感じます。

なぜ寄り添いが必要なのか、

それは、その先に「自分は必要とされているから、他者が寄り添ってくれている」「見守られている」

という安心感を求められているのかもしれません。

それと、

「注目されていたい」という願望もあるのかもしれません。

 

多様性である昨今は、答えは1つではありません。

相手が何を求めているのか、

それはその人の価値観(何を大切にしているのか、何を中心に考えているのか)によって異なります。

いずれにしろ、みな求めている。

求めている人と授ける人のバランスが悪くなっている気もしますね。

 

そして、次は「育てていく」。

「育てる」のではなく、「育てていく」。

「育てていく」とはどういう意味でしょうか。

わたくしの定義は、常にその人のそばに、傍らにいて(寄り添い)、

目を掛けていく、手を掛けていくことです。

実際に横にいなくても、気持ちの寄り添いでもって

気に掛けていく。

その人の成長を注視して、その小さな変化も見落とさない。

 

なかなかのものですが、

わたくしが行っている課題解決コンサルティングは、正に対象が人なので

ここのところは外せません。

外していないな、と思いました。

 

いずれにしろ、「寄り添い」も「育てていく」も

その根底に、「信頼関係」があるか、構築できているかが重要ですね。

 

さて、今回は「寄り添い」と「育てていく」について少し書かせていただきました。

みなさまも、自分はどうかな?と、振り返ってみてください。

 

見返りの欲求ではなく、無償の愛です。

なかなかわたくしも人間が出来ていないので

「やってやってる」的なところが捨てきれませんが、

人間磨きをしていきたいと思います。

 

 

トータルプロデューサー

安田真浪

 

トライアングル・トラストHP

https://triangle-trust.jp/

レゴ®シリアスプレイ® HP

https://lsp.triangle-trust.jp/

なごや栄二丁目新聞社 HP

https://www.nagoben.jp/

Facebook 安田真浪

https://www.facebook.com/manami.yasuda.503?fref=ts

Facebook Yasuda Manami Brave Message

https://www.facebook.com/yasuda.brave

 

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.