TRIANGLE TRUST

育成の前に

Education Style

現在の社員の意識力低下、基礎・一般常識不足の原因として、学校教育の「進路指導」「職業指導」のズレが問題視されています。
それで、平成16年に「進路指導」の見直しを目的に、「キャリア教育」が全国の小中高そして大学に導入されました。
「キャリア教育」は、「職業観・勤労観」を育む学習で、『職業的(進路)発達課題における諸能力』を育成することを目的とています。

職業的発達課題における諸能力 4能力8要素

職業敵発達課題とは、各発達段階において達成しておくべき課題を、進路・職業の選択能力及び将来の職業人として必要な資質の形成という側面から捉えたものです。これをベースに次世代のリーダー育成から、内定者や新入社員の育成の研修を実施しています。

4能力 人間関係形成能力 情報活用能力 将来設計能力 意思決定能力
8要素 自他の理解能力 情報収集・探索能力 役割把握・認識能力 選択能力
コミュニケーション能力 職業理解能力 計画実行能力 課題解決能力

※スマホ・タブレットの場合は、横にスクロールしてご覧ください。

能力 能力説明 要素説明
人間関係形成能力 他者の個性を尊重し、自己の個性を発揮しながら、様々な人々とコミュニケーションを図り、協力・共同してものごとに取り組む。
自他の理解能力
自己理解を深め、他者の多様な個性を理解し、互いに認め合うことを大切にして行動していく能力
コミュニケーション能力
多様な集団・組織の中で、コミュニケーションや豊かな人間関係を築きながら、自己の成長を果たしていく能力
情報活用能力 学ぶこと・働くことの意義や役割及びその多様性を理解し、幅広く情報を活用して、自己の決定や生き方の選択に生かす。
情報収集・探索能力
進路や職業等に関する様々な情報を収集・探索するとともに、必要な情報を選択・活用し、自己の成長を果たしていく能力
職業理解能力
様々な体験等を通して、学校で学ぶことと、社会・職業生活との関連や、今しなければならないことなどを理解していく能力
将来設計能力 夢や希望をもって将来の生き方や生活を考え、社会の現実を踏まえながら、前向きに自己の将来を設計する。
役割把握・認識能力
生活・仕事上の多様な役割や意義及びその関違等を理解し、自己の果たすべき役割等についての認識を深めていく能力
計画実行能力
目標とすべき将来の生き方や進路を考え、それを実現するための進路計画を立て、実際の選択行動等で実行していく能力
意思決定能力 自らの意志と責任でよりよい選択・決定を行うとともに、その過程での課題や葛藤に積極的に取り組み克服する。
選択能力
様々な選択肢について比較検討したり、葛藤を克服したりして、主体的に判断し、自らにふさわしい選択・決定を行っていく能力
課題解決能力
意思決定に伴う責任を受け入れ、選択結果に適応するとともに、希望する進路の実現に向け、自ら課題を設定してその解決に取り組む能力

※スマホ・タブレットの場合は、横にスクロールしてご覧ください。

上記能力は、今、企業が社員に対して不足していると判断している能力と同じではないでしょうか。
学校現場ではキャリア教育は導入されましたが、意識を持たせ、行動を変え、能力を身に着ける能力解発(学校用語では開発ではなく、解発とする)までには至っておりません。
という現状を見ると、上記能力が不足した状態で社会へ人が送り込まれる現状の改善は難しいと思われます。

社会人教育のベースは、上記4能力8要素となります。
トライアングル・トラストは学校教育現場、企業教育の現場を踏む中で、平成16年創業時より一貫して、人材育成の柱となる「キャリア意識形成」を土台とした「社員基礎力向上」教育を推進しています。それは、上記4能力・8要素を育成するものです。
人には可能性があります。すべての人に無限の可能性があります。大切なのは、やはり「次世代育成」です。

運営WEBサイト

採る・育てるパック
あいち企業図鑑
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ