TRAINING MENU

社員研修の詳細をご紹介します
HOME > 研修メニュー一覧 >

パワーハラスメント対面型研修短時間で効果的な研修社内活性化管理職

⑳体感型パワハラ研修

担当講師
  • 安江 美和子

~ハラスメントを防止し、働きやすい職場づくりのための部下指導及び対応を身につける~

 

《パワーハラスメントについて》

パワハラ防止法2022年4月1日中小企業が義務化
2020年6月1日パワハラ防止法が施行されました。パワハラの定義を行なわれ、防止のための「雇用管理上の措置」が大企業に義務化されました。
2022年4月1日からはいよいよ中小企業も義務化が適用されます。

パワハラ防止法に違反し、厚生労働大臣が必要だと認めた場合は、事業主に対して助言や指導、または勧告が行われることがあり、勧告に従わない場合には企業名を公表されることになりました。

講義では、何がパワーハラスメントにあたるのか、まずはその定義を理解し、次にパワーハラスメントにあたる6つの行為類型(タイプ)を学びます。そして自分の行動がパワーハラスメントにあたっていないのかチェックを行い、次にパワーハラスメントのリスク対応方法を学びます。
正しいパワーハラスメントの知識をまずはリーダー社員様および幹部社員様が身に付け、明るい職場づくりを目指します。

まずは、経営層がパワーハラスメントについての正しい基本知識を得て、会社としての方針を定めることが第一歩です。
会社のトップは、「トップメッセージ」として、会社としてのパワハラに対する方針を全社員に周知徹底します。そして、社員にパワーハラスメントに対する教育を実施し、パワハラを発生させない、魅力的な職場づくりをめざします。

 

ポイント

まずは何がパワハラにあたるのかを定義と6つの行為類型等から正しく認識し直し、働きやすい職場づくりをするには何が必要なのかをおさえます。
そして自分のパワハラ傾向チェックをおこない、次にケーススタディーでパワハラの行為者・被害者・第3者の3役を体感していただきます。
パワハラの潜在的な傾向を把握することが出来、その後の対策を学ぶことが出来ます。
体感型」で実際の職場を思い浮かべながら自分事として学ぶことで、パワーハラスメント対策への意識が高まります。

 

 

おすすめ対象者

パワハラ研修は今までに何度か受講している方
パワハラについて過敏になってしまい本来すべき部下指導が出来ない方

 

 

研修概要

対 象   管理職(課長・係長)、リーダー社員
受講方法  対面型
時 間   
6時間

定 員   20名
教 材   レジュメ(パワーポイント)
講 師   安江 美和子 社会保険労務士 キャリアコンサルタント

 

 

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせは下記よりお願いいたします

お問い合わせフォーム ☜
TEL 0120-706-008
Mail info@triangle-trust.jp

詳細説明をご希望(オンライン)される場合や、ご質問、ご要望等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

【カリキュラム】

① 「ハラスメント」の定義を理解する
 
②6つの行為類型を理解する
 
③パワハラの4段階を理解する
 
④自分のパワハラ傾向を理解する
 
⑤パワハラケーススタディ(演習)
・行為者・被害者・第3者の3役を体感
 
⑥パワハラで生じるリスクを理解する
 
⑦パワハラ対応方法を理解する
 
⑧コミュニケ―ション基礎(演習)
・コミュニケーション自己チェック
・傾聴
・良い指導
 
⑨働きやすい職場づくりへ
・パワハラを発生させない職場づくり
・トップメッセージ
 

担当講師

安江 美和子

社会保険労務士・年金コンサルタント・CDA・AFP・産業カウンセラー ほか

パワハラ防止のポイントは、体感型ワークで自分の傾向を掴むことです。

受講方法

テーマ別

対象者別

ニーズ別

組織開発別

Copyright (c) 2020 TRIANGLE TRUST.
All Right Reserved.