TRIANGLE TRUST

2017-01-28

納得のいく自己理解

安田のひとりごと

自分を見つめる

おはようございます。T2安田です。

12月〜、火曜日と金曜日の夜、そして土曜日に3年生を対象に就職支援をやっています。
具体的には、キャリアのたな卸しをして、自己理解し、その内容を元に自己PR文の作成です。
履歴書も添削します。
ここ数日は、理系男子学生が来ています。
彼らは本当に素直。目もキラキラしています。単純に自分のことが今ひとつわからない。
好きなこと、興味のあることは明確ですが。きちんと、大学でも得意分野を学んでいます。
が、それと就職先の業界や職種の合わせがうまくいかない。神経すいじゃくが苦手なんです。

先日の学生は、小学校の理科の授業で電気回路の実験をして、その時にピカッと電気が点いたときの感動を今も持ち続け、大学は工学部電気科学専攻。
昨日の学生は、金属が好き。組み合わせ、いわゆる合金の各金属の組み合わせで、新しい金属の特性がそれぞれ違う。その可能性がワクワクする。
学生と対面、ミニホワイトボードにどんどん書き込みして、彼らの興味関心どころを探ります。
たな卸しシートを使いながら、
「あなたは、ここの点で読み取れるのは、こういう事を大切にしてるんじゃないの?
実は、ここが一番好きで、こちらは苦手だったりして、、、」
彼らからの自己発見の声がどんどん上がります。
「そうなんです!僕が言いたかったのは、それなんです!」
「今日は、スッキリしました!」
「なんとなくほわんとしていたものが、一歩前進できました」
いろいろ書き込みしたミニホワイトボードの内容を写真に撮って持ち帰ります。

こういった事が大切なんです。
納得のいく自己理解は、就活生に限らず大人たちにとっても大切です。
私ももちろんそうですが、スランプのときに自己の振り返りをしています。
まずは、自分ですから。

関連記事はこちら

運営WEBサイト

採る・育てるパック
あいち企業図鑑
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ