TRIANGLE TRUST

2017-01-18

多様化する学生。その中でも、慎重派学生は、大切な人材です

安田のひとりごと

就活体験会

大学キャリアセンターの大学生評価は、「気がない」でした。今は違います。「多様化」です。

「就活」一つ取り上げても、学生の動きが全然違います。

  • 積極的に1年生から、さまざまな社会に触れるサークルに所属、起業家集団に交わる、インターンシップに行くなど、ひたすら行動を起こす派。
  • かたや、何もしない、出来たらしたくない。先延ばしして、時間切れ直前に動き出す派。
  • 慎重派。よく見て、判断して、間違いのない就職活動、納得のいく就職活動をしたい派です。
  • まず自分がわからない、何をしたいのかわからない。だから前に進むことが出来ない。決められない。

以上、行動派、怠惰派、慎重派、停滞派でしょうか。
それぞれ、極端です。

14日土曜日のない大雪の日に、ウインクあいちで、理系学生対象の『就活体験会』を開催しました。
企業は8社、学生はその倍の約20名程。この企画は、先の慎重派対象のイベントです。大学キャリアセンターとのやりとりの中で決まったものです。

ウインクあいちで、向かいの会場はインターンシップフェアをしていました。
学生は40名。企業は10社か20社。
私どもの約2倍です。

実は、学生のみなさんにかなり違いがあります。理系限定か、という点ではなく、私どもの企画では、学生は企業名を知らずに参加しました。純粋に、就職活動の疑似体験を希望した学生です。

先の慎重派です。あの大雪の中を、どういう企業が集まるか知らずに、きちんと服装を整えて集まってきます。なぜならば、キャリア教育、教育として行っているからです。まだ、アンケート結果を見ていませんが、用紙にびっしり書いてありました。この後の展開が楽しみです。参加企業様からも、意識が高いと高評価頂きました。
この様な意識は高いが、何から始めていいかわからない、一つ一つ順をおって、確実に進んでいく学生を、我々は支援し、いい会社だけど、それが伝わりづらい、5年後が楽しみな成長期待大の企業に繋げたいと思います。

関連記事はこちら

運営WEBサイト

採る・育てるパック
あいち企業図鑑
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ