TRIANGLE TRUST

2017-01-11

「一つが終わり、一つが始まる」これからの時代を担う学生たち

安田のひとりごと

卒業

みなさま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
昨年末の嬉しかった出来事をお伝えします。29日最終日、学生が3名会社に来ました。
1名は、学生事業部長の専門学校3年生の川内くん。今は、彼がなご弁新聞をすべて運営しています。http://www.nagoben.jp/nagoben/about/index.html
もう1名は、学生事業部長の後継者となる私立大学経済学部1年男子鈴木くん。新聞記者志望です。
最後の1年生は理系大学3年男子栗木くん。既に就活中。

川内くんは、もともと元新聞記者が立ち上げたなご弁新聞を専門学校の先生と共に引き継ました。
ライター希望ですが、シナリオライター希望なので、当然勝手が違います。
先生も抜けて!ほぼ全てが彼の小さな背中に乗った時、押しつぶされそうでした。
文章は乱れ、人前に出せる物ではなかった。
すかさず、喝入れ❗️(非情な安田より) ボロボロ状態になりましたが、彼は乗り切りました。
そこからは強いです。一発OKの文章をきちんと書いてくれます。
そして、プロでやるか、就職するかで、プロデビューを決め、仕事の依頼元も3社決めてきました。大したもんです。
これからは、今まで以上に厳しいでしょう。
ただ、彼は一度壁を乗り越えた自信を持っていますから、頑張れるでしょう。期待大。いよいよ2月末で卒業です。

2番手の鈴木くんは、大学キャリアセンターから「なご弁新聞学生記者募集」メールを見て応募してきました。
おばあちゃんから、報道の大切さを教えてもらい、社会に役立ちたい思いもあって、なごや栄二丁目新聞社に来ました。
29日は、川内学生事業部長と面談、これから2カ月川内くんのもとで、記者修行をして、3月にデビューします。

最後に栗木くんは、お父さんが世界を股にかけてのエンジニア。お母さんは中国人。
グローバルな仕事をするのが夢。カッコいいお父さんを超えたい様だ。
暫く、安田ゼミの生徒、なごチャレ‼︎メンバーとして、様々な体験をしながら自己理解、働く理解、企業理解をします。
29日は、自己理解するために、安田ゼミを受講し自己理解を深めました。

年末の最後の最後に、これからの時代を担っていく学生3名と色々話を交わしました。とても、心地よい時間でした。
今年も、川内くん以外、学生事業部営業部長の海野ちゃん、安田カバン持ちの海野くんほか、多くの学生が卒業します。
来年も、しっかり育てて無事卒業を向かえられれば。
13年前から、随分と即戦力人材を育て社会に送り出しました。
さあ、平成29年がスタートしました。今年は、どんな学生さんに出会えるのか、楽しみです❗️(^^)
さまざまな生情報を公開していきますので、全国のみなさま、今年もお付き合いの程、よろしくお願い致します。

安田真浪

関連記事はこちら

運営WEBサイト

あいち企業図鑑
就職準備オンライン教材KNOW IT
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ