TRIANGLE TRUST

2016-12-21

大学3年生のこの時期にすべき事は何?

安田のひとりごと

段階を追った学び

金曜日の夜、学生が2名会社に来て、うちの会社の就職支援の内容を聞きに来た。

1名は、海外に生まれ日本を5年毎に行ったり来たり。日本語に支障はないが少し不安。グローバルな市場での技術営業を希望。理系大学に通う3年男子。
もう一人は、法学部に通い、武道系部活を頑張る3年女子。人に関わるサービス業希望。
先の男子は、企業インターンシップで、あの会社、ないしは、あのような会社に行きたいと絞りこんでいるが、迷いもある。旧体制の会社ではなく、競争に打ち勝つベンチャー的な会社を希望。しかし、彼が名を挙げた会社は、老舗企業でグローバル事業をやってはいるが、どうみても、旧体制であろう会社。

「会社の社風と、みなさんの個性、考えがマッチしているか。とても大切なこと。例えば・・・」と、説明すると、「そういう話を聞きたいんです」

学生に伝えなければいけないことは、きれいな表面上の話ではなく、本当の話。彼らは現状把握をすれば、その中で、選択をします。

今年は、去年にも増して、リクルート会社からこんなに多くの企業が参加します、と、まるで合説さながらの企業展広告が名指しで送られてきます。

これから就活を向かえる3年生にとって、まだ自分が何に向いているのかもわからない状態で、これってあり?と、思ってしまいます。

段階を追った学びを彼らに与えるのが良いのでは?
これでもか、広告に辟易します。

関連記事はこちら

運営WEBサイト

採る・育てるパック
あいち企業図鑑
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ