TRIANGLE TRUST

2016-12-20

就活生必見!真面目が故に流される学生達の現状

安田のひとりごと

悩む就活生

先日、大学3年生の次女と食事をした。

その時に、

「お母さん、わたしインターンシップで●●●に3回行ってたじゃない、会社から電話が入って、インターンシップ参加者から数名を選んで、12~1月に選考会を開きたいのでと言ってたんだけど、どう思う?」

さすがに、時期の速さに驚いた。

「まだ、何をしたいとか業界も決まっていないのにどうしよう・・・」

「去年は30人採用して、今年は50人だって」

「大丈夫?その会社って社員200名位じゃないの?定着率は?」

「売り上げがめちゃくちゃ伸びていて、定着率もいいって。3年でやめる人は数%で、平均年齢2●歳」

「その会社、確か3代目か2代目社長。その社長で拡大路線になったはず。」

調べてみたら創業から40年程の会社。それで、社員の平均年齢20ん歳とは・・・

先月、大学周りをした時に、あるキャリアセンターの職員さんが「今の子はまじめだから、解禁して合同企業説明会に行く。

たまたま話を聞いた会社から次々に次のステップへ誘導され、気付いたら内定が3~4本手元にあり安心する。

5月ごろ、大手が始まる頃、あらためて内定をもらった企業の概要をみると

「えっ、わたしってこんな会社に行くの?それで、すべて断って最初からやり直し。こういうパターンが多いんだよね。それで、大手が決まればいいけど、決まらないと不運。一からやり直しですから・・」

次女に、

「おかあさんの会社で、学生向けのゼミをやるから参加する?おねえちゃんも参加したよ。自分が何をしたいか、自分が何に向いているのか、何が好きなのかがわかる、たな卸しもやるからね。」

「だったらすぐにやってほしい。友達もなんとなく金融、なんとなく警察官・・・って感じだから声掛けしていい・・・」

「わかった。みんなまとめて面倒を見るから基本から学ぼう!」

我が家は、私がこういう人材育成と雇用に関する仕事をしているのでいいですが、通常はここに親の意見が入って板挟み、というのがほとんど。

軌道修正は、さまざまなここかしこにいりそうです。

関連記事はこちら

運営WEBサイト

採る・育てるパック
あいち企業図鑑
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ