TRIANGLE TRUST

2017-07-17

【夫に感謝、家族に感謝、社員に感謝 そして、まだまだお勉強が続きます!】

安田のひとりごと

thank you

安田です。おはようございます。

3連休でしたが、みなさんはどう過ごされましたか?

私はほとんど仕事でした。

 

我が家は、豊橋にサラリーマンの主人と三女(愛犬メイ)がいて、

長女は今年入社2年目で昨秋から豊田市配属で1人暮らし。

大学4年生で空手部所属、6月に内定をもらった次女は友達と

八事界隈に住み、私は丸の内に単身赴任。

 

家族全員がてんでバラバラ。

次女が、「災害が起きた時の集合場所を決めようよ」と常に言っています。

 

しかし、川が決壊したら・・・ 主人は豊川の近く、私は堀川の近く。

娘たちは、大丈夫、だな。

長女が豊田市の山の手に住んでいるので、豊田がいいな、

と思いますが、

さて、どうやって辿り着くのか、が問題です。

 

主人は、果たして豊川を超えることができるのか、

私もマンションのすぐ横の堀川(大丈夫そうだけど、何が起こるか

わからないので)の水があふれたら・・・

 

九州地域の今回の雨災害を見て、いろいろ考えさせられました。

 

家もそうですが、避難の間、会社をどうしているのか、

いつも気になって仕方がありません。

 

社員さんは、天災ですから避難所で過ごしているのでしょうが、

経営者はそういうわけにはいきません。

 

出来れば、そこをどう乗り切っているのか、避難中の経営者にスポットを

当てていただきたい。

気になっている方も多いと思います。

「経営者」と「社員」の関係は何かに似ている!?

さて、今日は「経営者」と「社員」について、少し語ってみたいと思います。

 

会社経営をはじめて、会社を立ち上げて15年目です。

当初は「起業家」であった私も、やっとここ数年で「経営者」

転身しました。

 

「経営者」となると、「起業家」にはない、いえ、「起業家」以上の

「責任」と「器」が求められます。

 

ここ10年弱、ずっとその修業をして参りました。

やっと、「経営者」らしい行動を取れるようになりました。

まだまだ修行中ですが。

 

「経営者業」が夫婦の「妻業」と類似していると、最近感じています。

 

おかげさまで、わたくしども夫婦は今年結婚25周年です。

結婚当初はすぐに別れるのではないかと噂されましたが、

ちゃんと25年もちました。もちろん、数々のバトルを乗り越えて

ですが・・・

私が名古屋へ移ったころから、非常に良い関係性を保っています。

主人の大きな理解に感謝です。

25年も経つと、そして週末婚だと、互いに少し遠慮がち。

わたくしも、感謝を行動であらわそうと、自宅に戻ると家事を

がんばります。

お互いに、それぞれを尊重し、「えっ」と思えることがあっても

受け流します。

 

経営者と社員の関係も少し長年夫婦、一線を越えた夫婦と同じだと思います。

 

それぞれがやるべきことをやり、互いを尊重し合う。

良い関係づくりをする。

 

ののしりあうのではなく、敬い合うのだ。

 

ここ数年は、本当に主人にいろいろと助けてもらっているので

本当にありがたいと思っています。

たぶん、独り身だったら、こうはいかないのでは、と思います。

もちろん、仕事の相談をするわけではありませんが、

夫婦の会話の中で、いろいろと学びがあります。

相棒は、大切です。

 

会社も一緒です。

 

好き勝手、言いたいことを言っていますが、

社員のみなさんがよく付いて来てくれています。感謝です。

 

会社でも、自宅でも、本当に学びです。生涯学びです。

 

学ぶ機会があり、それを感じることが出来て、本当に幸せです。

まだまだ未熟であると、自分自身を身の丈評価が出来ることに感謝です。

 

先は長いです。

 

今週もがんばりましょう!

関連記事はこちら

運営WEBサイト

あいち企業図鑑
就職準備オンライン教材KNOW IT
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ