TRIANGLE TRUST

2017-04-20

継続は、力なり!

安田のひとりごと

継続は力なり

浅田真央さんが先日、引退を発表した。

5歳から21年間続けてきたフィギュアスケート。

特別番組で、夜中でもひたすら練習する姿があった。

やはり、練習量がハンパではない。

 

以前、柔道の山下泰裕さんの講演を聞く機会があった。

相手がこう技を仕掛けてきたら、こうかわす。

という理屈は、すべて体で覚えさせる。

いつも通りにやれば勝ちがみえる、というところまで練習を積む。

そして、どんな状況でも、いつも通りに出来るか、メンタルも鍛えるのだ。

 

昨日、女子ゴルフで、上田桃子がずっと首位リードしながら、最後で崩れた。

いつも通り最後までやりきれば必ず勝つはず。

ゴルフを見ていると、自分との戦いなんだ、人生そのものだと感じる。

 

以前、一流と三流との違いを書いた事があるが、こちらもやはり経験値が基本にはあるだろう。

練習量とメンタル。その両者を勝ち取る。

平成22年頃、リーマンショックの後、厚労省の既卒未就職者事業で、

キャリアのたな卸しをしたある男子が小学校から高校を卒業するまで、ずっと習字を習っていた事がわかった。

もちろん、段持ち。

 

「すごいね え!ずっと、習字を続けてきたんだ!自分から始めたの?」

「いえ、母に勧められて。習字を高校生まで続けたのは、辞める理由がなかったから。母が、習ってると嬉しそうだったので」

 

『継続は、力なり!』ということわざがあるが、

そうか、辞める理由がなかったんだ。

新しい継続理由に、当日は少し驚いた。

その時の目標の示し方次第では、小学校から高校卒業までの12年間で様々な事が鍛えられる、育ったはず。

やはり、取り組む姿勢の違いなのか?

スポーツ選手を見ると、習字の彼のことを思い出してしまう。

関連記事はこちら

運営WEBサイト

あいち企業図鑑
就職準備オンライン教材KNOW IT
トライアングル・トラストfacebookページ
YasudaManami Brave Message
なごや栄二丁目新聞社
トライアングル・ブログ
なごや栄二丁目新聞社facebookページ
なごや栄二丁目新聞社 学生事業部facebookページ