お問い合わせ

プライバシーポリシー

REPORT

レポート

  1. ホーム
  2. レポート
  3. 採用・教育特別セミナー&理系大学と企業との情報交換交流会(2018/08/22開催)レポート

2018.9.18 2018.10.5

採用・教育特別セミナー&理系大学と企業との情報交換交流会(2018/08/22開催)レポート

  • レポート
  • 就職応援団プロジェクト

2018年8月22日(水)に開催された
「採用・教育特別セミナー&理系大学と企業との情報交換交流会」の
実施後レポートになります。

【結果】
<参加者>
・企業図鑑企業6社
・理系大学3校
・名古屋市、刈谷市
・OKB大垣共立銀行企業図鑑担当者
という「産学官金」の参加者となりました。

情報交換タイム(大学・企業)内容

大学:学生の状況

○採用状況82%「3月解禁6月採用開始」と言われているが、
6月末で数値みると85%
活動量は増えてはいないと思う。
現在は1デイインターンも就職活動の中に入っている為8割
インターン参加。
→多くの大学は8月9月のインターンには一番力入れていると
思う。
インターン(1デイ含め)は昨年と比べると、2割ほど増加して
いる。
3年生は10日間。在籍者の1年2年の受け入れは難しい状況。
3年生含むならうけいれるとのこと。
(リーダー格がいれば1.2年生の受け入れる場合もある。)

○就職内定率は、学部によってバラバラ。
デザイン学部→デザインの仕事に就けるわけではない。
学生の「どうせ就職できる」「就職センターのサポートして
くれてるからなんとかしてくれ」という思いがある。
従って就職率100%でも、1年の離職率で考えると言うまでも
ない。

企業図鑑企業(困りごと)

○建設業に関すると、理系の学生の確保ができない。
製造に行ってしまう。
文系の学生でもいいから欲しい。ただ、業界に入ったら技術、
国家資格等取得してキャリアとして目指してほしい。
マイナビに出展して文系も集まったが、なかなか企業の理解が
してもらえない。
1デイインターンは逆にダメ。長期でやって、しっかり企業を
理解してほしい。
大学の方から、インターン等で企業研究なりやり方を教えて
頂けたら嬉しい。
建築業界は内定100%だが、入って数年でやめてしまうことが
多い為、ミスマッチ避けたい。
(大学意見)
なりたい自分が書けない学生がとても多く感じる。
企業側が教育しようとしても、学生自身がわからないから
どうしたらいいか。
→専門大学もそこが課題だと思っているから難しい。

○まず人材不足。女性を活躍させ、高齢者を活躍させ、
外国人の活躍もさせようとして何とか人材を確保しようと
している。
女性に関して特に困っている。育休2年で復帰して、短時間
労働しているがラインの為他の社員の残業が増える。
それが原因で2名退社してしまった。
(大学意見)
キャリアセンターでも短時間労働が導入されている。
忙しいが、常に笑顔。
朝その短時間の女性が出勤したら、女性に仕事を全部言う。
あとは終わるまで笑顔で受け入れている。
業種が違っても同じ環境ではないのか。
バランスのとり方が大事。
離職に関しては、少子高齢化にあまりとらわれないように、
学生を導いてあげることも大事。

○「見習い」の立場は“教えてもらう”という時代だったが、
今は教えさせてもらってる感がある。
入社して短期間で辞めてしまうのはもったいないので、
学生にはしっかりこの業界で研究をしてもらった段階で来て
ほしい。
(大学意見)
何かひとつ繋がってれば離職に繋がる可能性は低い。
例)先輩、家の近くにある。
今は情報が多すぎる。ネット就活になってから学生の気持ちの
持ちようが弱くなった感じ。

○「生きる」ということに貪欲でない学生が多い。
勉強する学生姿勢はきっちりなっているのか。
今の子たちは自分の為に就職しているのか。
学習習慣がついている学生はどのくらいいるのか。
基本的なマナー(お茶だしでティーパックにフォークで刺して
お茶の色をだしてた。遅刻。定時ジャストに出勤。時間の意識)
マナー指導はしていないのか。
理系が欲しいが文系でもいい。学習習慣がついている学生が欲しい。
(大学意見)
就活の場面、最低限はするがお茶出し等はしない。
キャリアデザインの授業がある。
マナー教育はあるが、おもてなし、心がけまではいってない。
なぜ大学がキャリアを教えないといけないのか。
授業やキャンパスの中でマナーや基本を学んでほしい。
大学も少しずつ変わりたいと思っている。
企業はOJTが大事。
お茶出しもマニュアルのカリキュラムに導入。
マナーはその場で教えた方が良い。
学校に全てを求めても、、、家庭環境に問題もあるかも。

講演について

大同大学鹿島氏が国の取組や実際の就活生の状況など、
「ここだけの話」を含め、わかりやすく講演いただきました。
また、企業図鑑を代表して、ケー・エス・ピー佐野社長の
”あるもの”を武器に大手企業に入り込んだ話は非常に興味深く、
他の企業図鑑企業の社長から参考になったと好評でした。

次回イベント

※次回イベントは9月26日(水)です。
「第4回 企業図鑑特別セミナー
名工大生が企業内ベンチャー人材に!」

講師は、名工大教授でキャリアサポートオフィス長の
山下啓司教授です。

株式会社トライアングル・トラスト

〒460-0008
名古屋市中区栄二丁目9-30 栄山吉ビル 2F

TEL: 052-228-9558 FAX: 052-228-9624

0120-706-008

※受付時間 平日9:00〜18:00